リアルな転職市場2021年【現役採用コンサルが詳しく解説!】第2回『求人企業の傾向は?未経験者採用企業がある業界』

転職市場2021
Pocket

「コロナによって転職市場にどのような変化があったのか?!」 求職者と企業、両側面を見てきた現役採用コンサルタントがリアルな転職市場の今を解説します。

「求人企業の傾向は?未経験者採用企業がある業界」

「The転職」をテーマに、資格・講座の情報サイト『BrushUP学び』とのコラボでお届けしているYouTube動画「学ぶ働くチャンネル」。全4回となるシリーズの第2回のテーマは「求人企業の傾向は?未経験者採用企業がある業界」です。

第1回では求職者側にスポットをあてて「今の求職者の増減は?どんな求職者が多い?」ということでお送りいたしましたが、第2回では採用する側である企業側にスポットをあて、求人数が増えている業界・減っている業界をデータをもとに解説していきます。
長きに渡り学びと就労事業を行ってきた学ぶ働く研究所所長が「みなさんの知りたい!」を現役採用コンサルに質問。さまざまな業界の採用に携わってきたからこそわかる「リアル」を聞きだします!

リアルな転職市場2021年【現役採用コンサルが詳しく解説!】

労働人口はコロナの影響を受け、前年度に比べてマイナス

総務省統計局ホームページの「業界別求人状況」を参考に見ていくと、対前年で明らかに労働力人口はマイナスとなっている。特に、コロナの影響を受けやすい「宿泊業、飲食サービス業」「その他のサービス業」が顕著。事業の継続自体が困難になっているところも少なくない中、採用余力どころか既存の雇用を守ることも困難になっていることは間違いない。

未経験者の採用を行う企業が多い業界は福祉

常に人手不足の印象がある「介護業界」は、未経験者でもとりわけ積極的に採用している。無資格で入社し、会社の支援を受けて資格を取得するケースもあり、資格保持者には資格手当が支給されることも。求人募集に対し、応募する方は老若男女問わずといった印象でパートタイムで働きたいという主婦も少なくない。また失業した方が将来性を考えて介護業界を選ぶケースもあるそう。

詳しくは>>>
「リアルな転職市場2021年【現役採用コンサルが詳しく解説!】」第2回「求人企業の傾向は?未経験者採用企業がある業界」動画でご覧ください!

>>>第4回「学ぶ働く研究所所員からの質問コーナー」
応募の際に気になる「学歴・職歴・資格」について採用コンサルに伺いました!
>>>第3回「採用されるための重要なポイントは?
>>>
第1回「今の求職者の増減は?どんな求職者が多い?」

▼出演者紹介
●採用コンサルタント 永渕藍さん
株式会社ムーランド HR事業グループ リーダー。 2013年の入社以降、営業として求人広告企画を中心に、 採用ツールの企画制作などの採用コンサル業務を通して様々な業界の採用に携わる。
株式会社ムーランド
2000年設立。株式会社リクルートの専属代理店事業を中心としたヒューマンリソース事業、ノベルティキック制作事業、セールスプロモーション事業などを行う。

「学ぶ働くチャンネル」とは?
学ぶ・働くというテーマでさまざまな観点でゲストをお迎えして話をする番組です。 今回のテーマは「the 転職」。現役の採用コンサルタントをお迎えして、リアルな転職市場の今を4回に渡ってお届けいたします。

サイト紹介
資格・講座の情報サイト『BrushUP学び』
1998年5月からスタートした自分を磨く資格・講座の検索サイト「BrushUP学び( https://www.brush-up.jp/ )」。 登録講座数約67,000講座、掲載スクール数約500校と豊富な情報量に加え、講座の資料を無料で一括請求できます。
キャリアアップのために学びたい!資格についてもっと知りたい!という方は下記リンク先をチェック! https://www.brush-up.jp/

▼転職関連おすすめコラム
企業にも個人にも「存在価値」が問われる!Withコロナ時代の転職
コロナ禍の大量リストラ!ビジネスマンが生き残るためにすべきこと

Pocket