法人の研修実施に関する調査ー利用実態は?満足度は?

Pocket

社会人が新たなスキルや知識を修得する際、最も身近なツールの一つが「研修」ではないでしょうか。制度を導入している法人も多く、個人的にスクールへ入学したり講座を受講するのに比べると、敷居が低い印象があります。今回はそんな研修制度について調査しました。
(調査期間:2018/12/06~2018/12/13  対象:20~40代の社会人200名)

勤め先に無料の研修制度が存在する割合は約6割

「働いている法人に研修制度が存在するか」という質問に対しては、「無料の研修制度が存在する」という答えが一番多く60.1%、一方「研修制度が存在しない」という答えは28.0%でした。
「有料の研修制度が存在する」という答えは少なく、「費用一部負担」が11.9%、「費用全額負担」が4.6%でした。

研修制度の利用経験者は約8割、若手向け研修の人気が高い

無料・有料問わず「研修制度がある」と答えた方を対象に、「研修制度を利用したことがあるか」伺ったところ、約8割の方が「利用したことがある」と答えました。勤め先の研修制度を活用している方が多いことが分かります。

また「研修制度を利用したことがある」と答えた方に対し、どのような研修に参加したか質問したところ、一番多かった答えが「ビジネスマナー」で54.6%、次が「専門技術」で32.8%、次が「PCスキル」と「コミュニケーション」で28.6%という結果となりました。
全体の傾向としては、ビジネスマナーやPCスキル、文書作成など若手社員向けの研修が人気が高く、マネジメントやコーチング、メンタルヘルといったリーダーや管理職向けの研修は、参加率が低いことが分かります。

研修制度に満足している方は6割超え、不満足な方は1割未満

「研修制度を利用したことがある」方の満足度を伺うと、「満足」が65.5%、「不満足」が8.4%、「普通」が26.1%でした。不満を持っている方に比べて、満足している方が圧倒的に多いようです。内訳を見てみると、一番多かった答えが「まあまあ満足している」で43.7%、次が「普通」で26.1%、次が「とても満足している」で21.8%でした。

理由を見てみると、「満足」とした方の場合は、『その後仕事をしていて、為になったと感じているから』『実務に役立ったから』『自身のスキルアップにつながったため』といった、「研修内容が仕事に役立った」「成長できた」というポジティブな意見が多く寄せられました。
その他には、『無料だったため』『費用負担がほとんどないため』といった費用に関する意見、『担当者が誠意を持って研修しているのがわかるから』といった講師に対する評価も見られました。

一方、「不満足」「普通」とした方の場合は、『勉強にはなるが実際の時には使えない』『想定していたほどの専門性はなく、概要的な話が多かったので』といった、「研修内容を仕事にいかせなかった」という理由が多く挙がりました。時間をやりくりして研修に参加したにも関わらず、実務に役立てられないとなるとやはり満足度は低くなるでしょう。
また『専門学校でもやってきた事だから』『専門スキルは役に立つが現場でも教えてもらえる』といった、「内容的には役立つが、わざわざ研修に参加する必要はなかった」という意見や、『勝手に受けさせられたから』といった「強制的に受けさせられた」という不満の声があがっていました。

研修に参加しない理由は「内容」と「時間」の問題

「勤め先に研修制度はあるが、利用経験はない」という方にその理由を聞くと、内容に問題があるために参加していない方が多いことが分かりました(「内容に興味が無い…43.5%」「自分に関係する研修が無い…34.8%」)。また「時間が無い」と答えた方も4割程度おり、研修に参加する時間を捻出しづらい状況のようです。

Pocket